癒しの国 日本 .TV

日本全国を「癒しの映像」でバーチャル旅行

Home

観光ガイド

地図

ご案内

映像素材

Home > 観光ガイド > 甲信越 > 新潟県 > 高田公園

高田公園の紹介動画

⇒ 新潟県の映像素材一覧

高田公園の観光地ビュー

⇒ 大きな地図で表示

 高田公園のビューポイントを地図と動画でご紹介します。

高田公園の周辺地図

⇒ 大きな地図で表示

 周辺の観光スポット/宿泊施設/最寄り駅を地図でご紹介します。

  観光スポット   宿泊施設   最寄り駅

Powered by じゃらん Web サービス

Powered by HeartRails Express

高田公園

高田公園のサムネイル

 高田公園(たかだこうえん)は、新潟県西部に位置し、旧高田城跡を中心に整備された都市公園で、桜の名所として知られており 「日本さくら名所100選」に選定されています。

 「日本三大夜桜」として、ライトアップされた夜桜も有名ですが、昼間には百名山である「妙高山」も遠望でき、どの時間に訪れても見ごたえのある桜名所です。

 高田城跡には、三重櫓が復興されているほか、堀沿いの桜並木の景観も素晴らしいです。

 高田城は、江戸幕府が全国の諸大名に命令して築かせた天下普請による城の一つで、徳川家康の六男、松平忠輝の居城として造られ、城地の縄張りと工事の総監督は忠輝の舅の伊達政宗が務めました。

 創藩当時の高田藩は越前福井藩と共に、加賀前田藩を挟むような形で押さえ込む配置となり、幕府にとって重要な位置づけとされていました。

 その後、松平忠輝の改易や越後騒動など相次ぐ事件の舞台であったことなどによって、高田藩は負のイメージを抱かせるものとなり、江戸中期以降はしばしば親藩、譜代大名で不始末を犯した大名の懲罰的な転封先、いわば「座敷牢」のような位置づけが強くなりました。

 高田城に天守はなく、3重3階の三重櫓を建てて天守の代用としていましたが、何度か倒壊・焼失しており、現在の三重櫓は1993年に復興されたものです。

 三重櫓は、内堀の南東の隅にあり、三重櫓の中も見学できますし、堀の対岸から桜と共に眺める三重櫓の景観は、高田公園のハイライトの一つです。

 外堀(西堀)に架かる西堀橋もビューポイントで、桜並木の奥に残雪の妙高山がそびえ立ちます。

新潟県の観光スポット

・新発田城

・高田公園

・村松公園

・大河津分水桜並木

・鳥屋野潟公園

・瓢湖

・妙高高原 +

・清津峡

Copyright (c) MediaPolice Co., Ltd. 2007-2015. All rights reserved.